智の素

ITコンサル兼絵描きの雑記。日記、世の中考察、本のレビュー、作品掲載など。

モノに向き合い、瞬間を愉しむこと

料理、日本画、どちらにもハマりつつあるが、まだまだ初心者。

学習の過程で、色々と先達の本を読んでいるのですが。

偶然にも最近手に取った料理の本、日本画の本。

どちらにも、五感を使う、というようなことが書かれていました。

 

読んだのは、

有元葉子さんの『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』、

千住博さんの『絵を描く悦び』。

 

 

 

有元さんの本では。

「5分水につける」ではなく、「触ったらキシキシと音がするまで充分に水を吸わせて」という表現がされていて。

 

千住さんの本では。

「デッサンを描くには、モデルをよく見て」ではなく、「必要なら手に取って確かめて」という表現がされていて。

 

 

テクニックではないのだけれども、

料理、日本画、それぞれの向き合い方として、五感を使い、対象に向き合うという旨が書かれていました。

 

すごく、自然に寄り添う、五感を使う…というようなところが、感覚的なのだけれども本質的な気がして。

その本質的な部分を押さえていくと、結果的にテクニックができるような気がします。

うーん…なんか何をいいたいのかふわっとしているのですが。。

 

で、なんとなく、

こういう自然への向き合い方って、すごく日本人的な意識なんじゃないかな、という気がしていて、千住さんも本で書かれているのですが、日本画の素材自体も自然物で、それを使って自然を描くという技法で。

長年息づいてきた「日本画」という技法や、もしかしたら料理の仕方だって、日本人の取り組みかったって…自然を感じて、生かし、表現し創り上げるような意識が根本にあるように感じました。

 

 

理研究家の土井先生のレシピ本でも、

野菜のみずみずしさに触れたよいうな表現が多くて、

日本文化の先達は多かれ少なかれ、自然に向き合ってきているのかなというように思いました。

 

 

料理も日本画も、

取り組んでいると、野菜の美しさや、岩絵の具の鮮やかさにすごく心惹かれます。

その道のプロになりたいとか、極めたい、とか、そんな社会的なあこがれって持ちがちなんですが。

もとをただすと、やっぱり、自然を味わって、日々愉しみ、美しいものに触れるのが好きだから…、料理も日本画も好き、なんですよね。

 

ギターだってそう。

木でつくられたギターと、その音の響きを奏で、美しい旋律に触れ、生み出すのが好きだから…、好きなのです。

 

あまり、どうなりたいか、という社会的な目標ではなくて、

本質的な部分を見失わず、ひとつひとつの瞬間を大切に生きたい、

そのためのツールとして、料理や日本画があって、日々愉しみながら高めていきたい。

そう、改めて感じました。

 

 

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

 
千住博の美術の授業 絵を描く悦び (光文社新書)

千住博の美術の授業 絵を描く悦び (光文社新書)

 

 

イラスト「with Leather Jacket」

最近革ジャンの人もよく見るようになりました。

革ジャン、大学時代に合皮の買ったら、使い倒しすぎて二年でボロボロになったんよね。。

何気に使いやすい。そう、買うとわかるが使いやすい。ワンピースとかでも、パンツでも合うし。結構暖かい。

 

いい革ジャンほしいなーと思いつつ、すぐボロボロだから合皮はなー。。本革はでもお高いなー

とぼんやりと思ってたんですが。。

昨日買い物をしていたら、めちゃくちゃかっこよくしかもぴったりフィットする革ジャンに出会ってしまい。。

人生初、本革ジャケットを買ってしまった!!冬のボーナス温存してたから、そやつから拠出しました。

なかなかお高かったんだけど、すごくいい感じで。買った後は、お財布が寒い恐怖感ではなく、満足感と、今後の楽しみにワクワクでした^ ^

ラムちゃんだから、ひつじさんかぁ。。と、この革のおおもとの動物に感謝しつつ。

これからよろしくねー!と、いう気持ちです。

 

そんなテンションで革ジャンイラスト笑

デザインは私が買ったのとは違いますが、ライダースタイプではなく、イラストのような真ん中開きのです。

f:id:tomatomoto:20180311211046j:image

今回は、日本画のたらしこみ実験の傍ら、ペンと墨と水彩、岩絵具を少々という組み合わせで描いてみたのですが、これは。。なんかワクワクしたし、楽しかった!!

ペンは、いつもより力を抜いてさららーと鉛筆っぽく細い線で描いてみたんですが、うーん、なかなかいいかも。

なんとなく、あるべき描き方みたいのにとらわれてた気がするなー。自由に描く、が一番大事かも。。!

引き続き、試行錯誤してみます^ ^

 

 

最近は料理にもハマっておるのですが、新玉ねぎ、新じゃがいもが出てきて春を感じますね!

新玉ねぎのチャンプル風の炒め物を作ってみたら、玉ねぎがめっちゃ甘くて幸せーでした(^◇^)

新玉ねぎの形、色がすごく美しかったので、描こうかなー!

f:id:tomatomoto:20180311211206j:image 

 

イラスト「人生はあてのない旅である」

f:id:tomatomoto:20180309000124j:plain

生きていると寄り道したり、回り道したり、それを後悔したりする。

自ら危険に飛び込んだり、ゆったりと同じところにとどまることもある。

さながら旅のごとし。

 

です。

 

 

うーん……なぜだろう。

描いていて、なんだかどうも、ワクワクしない。(すまんな旅の少年よ。)

でも、これも描かないとわからないこと。

まずやって、自分の感情を丁寧に受け止めるべし。

まずは筆をとれたことをほめてやりましょう。

 

まず筆をとる、その前に近況報告

はや4ヶ月振りですね。

emです。

 

2月末は、製造業関係の資格試験をダブル受験しておりまして。年末から2月にかけて勉強三昧でした。

 

なんとか乗り切り、日々の仕事をこなしつつ、自分の軸って何だろう、とか、絵にどう向かうべきか、とか、今後のキャリア、とか、ぐるぐる考えておりました。

どうやら、そろそろ管理職も近いらしい。まじか。

元々ドコミュ障の私が、コンサルの管理職。。うーん、現実味ないっすね。でも、人間変われるもんだな、とも思います。根幹はどうもあまり変わらないようですが。

 

さて、今は仕事関連で、下記の勉強を進めてます。

 

プライベートでやってるのは下記。

 

絵は、日本画がやはり奥深すぎておもしろいです。今は横山大観の模写をしつつ、たらしこみという技法と、和紙の研究をしています。

日本画か、漫画か、イラストか。。なにやりたいんだろーって悩むことも多いんですが、悩んで手を動かさないのでたちが悪い。

なので、目下毎日筆をとること、を習慣化することが、まず第1の目標です。

 

つーか、そんな切迫つまって描く必要もないのですけどね。

描かないと、アウトプットしないと何かたまるんですよねぇ。。

あまり欲張らず、ワクワクする感覚を探りながら、色々描きたい。

 

 

仕事の勉強も楽しいです!

機械学習はこの超ド文系の頭にはキツイものがありますが、うーん、実は巷で噂になるほど簡単ではかったり、使う手法によって結果の出方が違かったり。正解がないのがおもしろいです。

でも若干の数学アレルギーがあるからなんとかせねば。。^ ^;

 

 

相変わらずの器用貧乏っぷりですが、仕事もプライベートも楽しみつつ、選択と集中できるようにしていきたいものです。

 

下記は久しぶりに描いてるイラストのラフ。

ごちゃーとしたコンセプトアートっぽいのがすごく好きなんですが、結局憧れだけのようなので、とりあえず描きたいものをちまちまと。

f:id:tomatomoto:20180307233526j:image

イラスト「おやつの時間」

 

f:id:tomatomoto:20171104001905j:plain

「えへへ、たくさん食べようね!」

「おやつの時間って、幸せだなぁ!」

「そうよねー!

 って、なんかフォークあたしのより大きくない? ずるいよー!」

「いやいや、そのぶん身体も大きいのさ。さっ、いっただきまーす!」

「あっ、ちょ、ちょっとまってよ!

 あーーー!あたしのいちごーーーーー!」

 

 

お久しぶりです!

日ごろの仕事の疲れのせいか、大風邪ひいて寝込んだり、管理職一歩手前な役割で日々ヒィヒィ仕事してたり、日本画に悪戦苦闘したり、デザイン業で本つくったりしていました。

要は、元気です。

 

相変わらずマイペース更新ですが、

描きたいっ! と思ったイラストや漫画をちこちこ描いていこうと思いますので、どうぞ今後ともヨロシクお願いいたしまする…!

今回の子は、1か月前にラフを描いたまま放置され泣いていたところを、ようやくカタチにした次第であります。遅くなってごめんなぁ。

また人+動物になっちまったーだって、好きなんだもん!笑

仕事情報:アルバムジャケットデザインさせて頂きました!

いつもお世話になっている、シンガーソングライター・MIMOGYさんの、アルバムジャケットデザインをさせて頂きました。

f:id:tomatomoto:20171001114016j:plain

ジャケットとはいいつつ、4ページの歌詞カードになっておりまして。

歌詞カードは、東京の有名な場所のデザインを数点、入れ込んで凝ったつくりにしております♪

 

 

ブログ右側の仕事情報をご覧いただくとおわかりのとおり、

MIMOGYさんとのお仕事はもう長くやらせていただとります……そもそもの出会いはIT企業の同期として、なんですけどね!笑 

 

 

働きながら精力的に音楽活動をされていまして、

いつも勇気をくれる素敵な方です。

音楽も、ひとの心に寄り添った作品が多く、特に日々馬車馬のように働いている自分のような社会人にとって、心にしみること間違いなし★

最近では、ひとりひとりから体験談を聞き、それを音楽に仕立てるという企画をやられていて。上記のアルバムは、その集大成となっています!

 

 

下記より視聴できますので、ぜひお聞きください。

個人的には、下記の2曲目で紹介されている「ハロー!! シュレッダー!!」が個性的でおすすめっです!(^^)あと、「二人の日々」も名作!

もちろん他の曲も素敵っす!

ライブでの販売のほか、電子版でも配信されておりますので、ご興味お持ちいただけたら是非。(電子版ですとわたくしの仕事はみれませんが(TT))


MIMOGY- ミモギィ-ハタラクオトナノドキュメンタリー試聴用ダイジェスト

 

MIMOGYさんの公式ページもリンクはっときまーす

www.mimogy.net

 

さて、こちらはアルバムですが。

来月あたりにリリースするグッズについても、デザインを手掛けております。そちらも改めて告知させていただきます!

デザインワークも結構たまってきたので、いい加減ポートフォリオサイトつくらんとなぁ。

 

 

しかしほんと綺麗な歌声……自分は目も当てられないほどの(耳を傾けられないほどの?)ド・音痴なので、まじで尊敬です……。

目から鱗。『サピエンス全史』レビュー&最近のこと

SF、ミステリ、ビジネス書がメインの読書生活。と、そんな中で前の上司に勧められた『サピエンス全史』。

歴史書、に入るのかな? 久しぶりに読んでみよう、と手に取り。たまに忙しくなってつかえるときはあったが、本日完読しました。

……まさに、目から鱗な本です。

非常に、おもしろかった! 

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

 

内容は、前史時代から現代まで幅広く網羅しています。

とはいえ、単なる歴史書ではなく。

  • 何故我々サピエンスだけがこれだけ地球上でのしあがっているのか?
  • 何故今資本主義なのか?
  • 何故科学や数学がもてはやされているのか?

こんな、今ここの世界がいかにして成り立ったのかを、理路整然と独自の視点から語っている本です。

裏付けのデータも盛り込み、論理的に展開していますが、訳のうまさもあるためか、非常に読みやすいです。

 

正直、結構衝撃的な話も多くて。

著者の歴史観、と一歩ひいたとても、非常に論理明快であり。

なんともまぁ…今働いている「会社」とか、生き方とか、幸せとか、何だか色々考えちゃいました。

あーあ…もうこれだけ馬車馬のように働いているのって、結局中世の奴隷と構造としては同じじゃないの…とかね。社畜とは言い得て妙、であると。

 

と、読み終わった後は、最近のやばい激務の疲れもあってか、なんだかかなしみに暮れていましたが。

なかなか示唆に富む非常におもしろい本であったことは確かなので、ご紹介でございます。

個人的にこれはおもしろいなーと思わず線ひきまくったところをPickupです。

(中身知りたくない人はご注意を)

 

「小麦が私たちを家畜化した」

稲作を行うことで、人は食料を増やすことができ、人口も増加……。

というのが通説なんですが、なんと著者の論理は、小麦がホモ・サピエンスを操り、今や世界で225万平方キロメートルの地表を覆っている、という。

ホモ・サピエンスは小麦に出会ったせいで、農耕に移行し、椎間板ヘルニアや関節炎等の多くの疾患をもたらした…しかも、小麦の面倒を見るために、定住化せざるを得なくなった。と。しかも小麦だけでは栄養素足りてないし、不作になったら食えないし、栽培のための土地のために争いも起こって…と。

実は全然小麦氏は、ヒトにいいもん与えてなかった! とうのが著者の訴え。

いや確かにごもっとも、そして小麦美味いけどこわっ!と思いました。

 

「虚構が協力を可能にした」

ホモ・サピエンスは、言語を使い、「虚構」、すなわち架空の事物について語ることで、共通の虚構を持ち、他の動物と違う強力関係を築くことができた。

元々、ホモ・サピエンスは大規模なネットワークを築くのに必要な生物学的本能を欠いているのだが、このような特徴ゆえにそれが実現できてしまった。

虚構というのは、神話だったり、宗教だったり、法人だったり。人権だって、そう。客観的・具体的にものとして実在しないものを指します。

そして、その虚構は疑いなく信じられなければ協力関係は築けないので、それが客観的実体であるという理由付けをする。神がこう言っているから…、人権ならば元々人が備えているから、と。

そんな論を読んで今を振り返れば、我々が信じているもの、生きているコミュニティって、そんな「虚構」で囲まれているなぁ、と思います。

 

「人々は進歩という考え方によって、しだいに将来に信頼を寄せるようになった」

人は日々進歩する、なんて今いっても別に違和感感じないんですが。著者は、かつては進歩という考え方はなく、将来も特にかわらずに世界が動いているという考え方だった、と言います。

進歩すると思うから、将来に信頼を寄せる。だから、将来のために何かをする人々への「信用」が生まれる。それが、融資や投資を可能にし、少数のコミュニティが大規模な活動を行うことができるようになり、経済成長をもたらした。

そして、得た利益はさらなる進歩に向けて、再投資される。

これが、資本主義。

そして、世界はこの資本主義で今なお回っており。最近科学や数学が歴史や文学より盛んなのは、科学や数学といった科学技術に投資すれば、将来の利益があると思われているから。そんな論が展開されます。

 

そしてそこにプラスされた鋭い論が、このような自由市場資本主義は、利益が構成な方法で得られることも、公正な方法で分配されることも保証できない、という点。

利益を得ることにとらわれ、それ以外をないがしろにしてしまう。

奴隷貿易だって、利益を得るために行われたこと。

そして、本には書いていなかったが、個人的には…今の会社だって、同じような部分があるなと感じました。ブラック企業といわれるものだってそうなのでは。従業員の苦しみを無視し、利益を上げ、と。自分もブラックとまではいかずとも、まぁそれに近いようなね。

 

私は、小学校のころかな、株式会社というカタチに違和感を持ったことがありました。株主に利益を還元し続けなければ、株は売られてしまう。常に成長し続けなければいけない、この会社の在り方……。

ずっとずっと成長し続けなければいけないって、苦しくないか? 拡大しなくても、そのままだっていいじゃない? チェーン店だって、もう一杯だし。地元の商店街とか消えるのはやだなぁ…

と、子供心に思っていたのですが。なんかこの論を読んで、なんとなくその違和感の正体がわかったような気がしました。

会社で働いている時点で疑問に思っちゃいけないんでしょうけどね。ただ、原理を知って自覚的になるのはそれはそれでいいことかな。(ちょっと苦しいけど)

 

「私たちは何を望みたいのか?」

結びの言葉がこれです。

今やサイボーグや、遺伝子操作までしてしまい、ホモ・サピエンスではない何かになろうとしている我々……。

それらは、病気の治療に寄与する等、社会的に意義を認められ、かつ利益を生み出すものであり、投資は継続される。どういう形であれ、この流れは止められない。

では、この先我々は、何を望みたいのか?

 

 

と、駆け足でしたがこんなところが興味を引いたポイントでした。(もっとあるんだけどきりがない!!!)

実際には、論理が全部積みあがって繋がっているので、だいぶ分かりにくいと思いますが……少しでも興味を持った方はぜひ一読を。

 

何を望みたい、か…というところで、思わず悩んでしまいました。

幸せってなんだろうなぁ……。

 

ーーーー

さて、更新が停滞しておりましたが

7月末頃から、急遽チームリーダー的な立場になってしまって、若者たちをまとめなければならなくなり…部署移動に近いくらいの環境の変化(人も、場所も全部違う)もありーの、上司が病に倒れるだのあり、

更にそこにプライベートでも近しい人が倒れ……。

と。

正直、入社以来精神的にも肉体的にも、ぎりぎりな1か月でした。

今も若干その気はありますが、ちょっとは落ち着いたかな。

 

チームをまとめるとはなんぞや、とか、お客さんのために何かをするとは何ぞや、とか、もやもやっと語りたいことがたくさんありますので、そのへんは小分けで書こうかな。

あ、あと、音楽アルバムのデザインをやらせていただきましたので、次回あたりそのご紹介もさせていただきます!