読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

智の素

ITコンサル兼絵描きの雑記。日記、世の中考察、本のレビュー、作品掲載など。

FF15の映画が素晴らしかった件

感想

「なんだこれCG? まじでCG?」と、トレイラーを観た時点で目を疑った。

フルデジタルとは聞いていたが、もう本物の人間にしか見えないよ!

CGのチカラってすげー、と、技術の進歩に圧巻された一瞬だった。

 

なんのトレイラーかって、そうですよ、KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVですよ!


キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV E3 2016 TRAILER(日本語版)

 

自分はなんだかんだゲーマーでして、

そうだな、傾向としては、「ペースはまったりだがハードなプレイヤー」とでもいっておきましょうか。

据え置き機は1、2週間に一度、土日に触るくらいなんですが、ハードで緻密なゲームが好きw

単純に適当にやってりゃーできちゃうようなものはやらない。戦略とか、研究とか、はたまた、プレイヤースキルの向上とか、そういうものが求められるゲームが好きデス。(要するにM。)

あ、あと、世界観が没入できるような感じのが好きです! ゲームには夢がないとね★

 

あれゲームの話になってる。

違う違う、本題は映画です。ゲームは別で語ろう。

 

FFの映画というと、かなり前にやっていて、コケてしまった…という記憶はあった。

まぁそれもあってか、さほど期待していなかったのですが。

 

映像みるだけでワクワクするよ!!!

 

 

ということで、先日観てきました。

 

おもしろかった、です!

魔法の描写とか、渋みのあるキャラクターとか、リアルな世界の中にFF要素が散りばめられていたり、とかとか。

CGはもう素晴らしく、うーん、2次元にリアルな世界が作れちゃうのももう間近じゃ?と思えるほどのクオリティでした。

VRであの世界はいれたりしたらもう、たまらんな!(帰ってこれなくなるぞお。。。)

観にいってよかった…!と思える出来でした。

ちな、FF15のゲームの前日譚なんですが、前知識なくても余裕で観れます。

お奨めできるのはこんな方。

  • 渋いおじさまが好き
  • リアルな魔法観たい
  • 近未来の都市+ファンタジーな世界に没入したい

ネタバレしてもよいかな。。。折りたたんでネタバレさせていただきます!

 

ちなみに、つい先日本編冒頭12分が公開されましたん

別にスクエニの回し者でもなんでもないんですが、ファンタジー好きはわくわくすること請け合いなので、ぜひこれだけでもご覧くださいまし!


『キングスグレイブ FFXV』 冒頭12分特別公開(英語ボイス/日本語字幕)

 

ルシス王がかっこよすぎる。。。

以下ネタバレ注意。

 

 

個人的にグッっときたところを並べてみます。

 

ルシス王の生き様!!!

最期のシーンはもう涙なしでは語れぬ。。

果敢に魔法を繰り出し、戦う様が非常に素敵です。

壁を創って逃がすところも、その生き様に痺れました。

素敵やん…素敵やん!

 

細かい世界描写

モルボルのアニメとか、焼き鳥っぽい料理、道路標識。そのへんが主なんですが、随所に出てくる細かい世界の描写の小物達は、没入感を高めてくれて良いですね。

私が行ったときには、モルボルアニメ含めたステッカーが配られたんですが、ちょっとうれしい。。。ていうか、モルボルあんな可愛い認識されてるのか?

あー、イメージ的にはライオンキング、みたいな感じかな。猛獣でも、キャラクター化して愛でちゃうみたいな。(ちょっと違う?)

 

魔法がかっこいい

剣でワープするのと、炎や雷の魔法。

ニックスが家でその気もなしにめらめらっと炎燃やしてたりするのが良い。

ただ、剣ワープは、ワープだから導線を引きにくく、カメラワークが難しいという欠点が…なのでたびたび、戦闘シーンがどうなってるのかわからん事態にはなったんですが、まぁしかたない!かっこいいしいいんでない?(おい)

 

キャラ造形がかっこいい

ニックス、ルシス王、クロウあたりが個人的には好きなんですが。みんなイケメンですねー。クロウが死んでしまったのは非常に残念。黒魔導士っぽくがんがん闘う姿を観てみたかった。クロウ姐さんと飲んだら楽しそうだなぁ…。

アーデン・イズニアも食えないキャラだが渋くてカッコイイ。色味が好き。(色味?)

 

 

と、いいとこばかりかいてきたが、個人的に気になった点も書いておきましょう。

全体的にみて不満はないので、あくまで+αこれがあればもっとよさそうだな!という観点です。

 

  • もうひと押し、各キャラを濃く描いたエピソードがあるとグッと感情移入の度合いが増すように思いました。ちょっとラストの戦闘が長めだったので、そこをちょっと削りつつ、犯人君とか、ニックス達の日常とか、みてみたかったかなぁ。(ストーリーの流れに大きな違和感はないので、+αとして。)
  • あとは、第1魔法障壁って動く石像達だったんです。。。よね?
    実は観ているときに、「障壁いうからバリアよな」と完全に思い込んでしまい、後で友人に聞いてわかったんですが。表現が難しいが、もう少しうまく説明されていたらすっきりだったかなと。
  • カメラワークは、さきほどもかいたように、ワープが災いし位置関係が見えなくなることが……バトルシーンはところどころ俯瞰して出ていると、関係性が把握できてよかったかな。まぁ、俯瞰しすぎると激しさに欠けるので、難しいところなのですが…。

 

とまぁいろいろ書いてきましたが。

FF15の前日譚とだけあって、FF15にも引き続き登場するキャラ多し。

元々買う予定だったのが、猶更楽しみになりました!

 

ゲーム中でルシス王と再会したいものです(^^)発売延期にはなりましたが、楽しみ!