読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

智の素

ITコンサル兼絵描きの雑記。日記、世の中考察、本のレビュー、作品掲載など。

絵でしか伝えられないものもある

昨日あげた桜の絵。

某所であげたところ、海外の方から英語で、綺麗だ、日本の桜見てみたい。。とコメントをいただいた。

それを見て、なぜか涙がとまらなかった。

 

 

桜の写真なんてたくさんある。

ぐぐればこれでもかといわんばかりにでてくる。写真は写真で良い。

しかし、絵は。

絵は、自分が感じたことを、自分がおもうままに描き出せる。写真とは違う、あり得ない姿であっても。感じたままに、美しいと思ったらその、美しいと思った姿を描く。

 

作家が感じた感覚は、絵を介して、

誰かに間接的にでも、伝わっていけるのかもしれない。

 

桜を描くときは、綺麗だな、こんなかたちしてるんだな。。って思いながら描いてて。

当然、私の主観で描いていた。

でも、自分が感じた桜を、何割かは描き出せたとおもう。

 

それが、海を隔てた誰かに、その感動を、桜の美しさを伝えられた? ほんとにそうならば。

これ以上の幸せはないよ。

例えそれが一人であっても。。

 

 

心のどこかで、絵は自己満足だという悩みから抜け出せずにいた。仕事の傍ら続けられればいい、ライフワークだ、という大義名分のもと。

それが、ひっくり返った。

海外の、名も知らぬ誰かのコメントだけで。

 

絵で、誰かを幸せにできるのか?

そうなのか?

そうなのかもしれない。

だったら、何も後ろめたくおもう必要もない。

 

まだ落ち着かないけど、

とにかく、

コメントをくださった方には本当に御礼をいいたい心地です。。

 

 

 

そんななか、今日は落書き。

うまくいかずぐしゃっとやってたら、なんか少年ができた。いつも眠たい西川君、って感じかな?

f:id:tomatomoto:20170404015632j:image